総額約5.2億円の資金調達を実施

総額約5.2億円の資金調達を実施いたしました。

アキュルナ株式会社 (所在地:東京都文区本郷、代表取締役: 服部恵子、以下アキュルナ) は、複数の 投資会社及び事業会社を引受先とした第三者割当増資により、総額約 5.2億円の 億円の 資金調達を実施いたしましたことをお知らせいたします。
今回の資金調達によりアキュルナは、核酸医薬に関わる国内外の製薬企業等に対する営業活動を本格化させるとともに、アカデミアと共同で行う新薬開発について臨床開発を進めてまいります。

【引受先】

今回の第三者割当増資の引受先は、以下の投資会社及び事業会社です。

  • 株式会社ファストトラックイニシアティブ (本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長:木村廣道)
  • 東京大学協創プラットフォーム開発株式会社 (本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦)
  • SMBC ベンチャーキャピタル株式会社 (本社:東京都中央区八重洲、代表取締役社長:石橋達史)
  • ナノキャリア株式会社 (本社:千葉県柏市若柴、代表取締役社長:中冨一郎)

【資金調達の目的】

アキュルナは、核酸医薬に対する独自の DDS(Drug Delivery System)技術を有しています。
核酸医薬とは、RNA や DNA などの核酸を利用した次世代の医薬品です。従来の技術である低分子医薬・抗体医薬では扱えない分子標的に対する新薬開発が可能であることから、世界中で研究開発が行われています。ただし核酸医薬には、RNA の体内での安定性や治療標的への効率的な搬送等についての技術的課題が存在します。アキュルナの DDS技術はこうした核酸医薬の技術的課題に対するソリューションを提供します。

これまでアキュルナは、自社の DDS 技術を用いて、複数の国内外の製薬企業と共同研究を行うとともに、大学等のアカデミア機関で研究開発された新核酸医薬と組み合わせた新薬の開発を行ってまいりました。また今回の資金調達を前提とし、経営体制や研究開発体制の拡充を図ってまいりました。
今回の資金調達で、アキュルナは自社の DDS 技術をより広範に広めるべく国内外の製薬企業等に対する営業活動を本格化させるとともに、アカデミアと共同で行う新薬開発について臨床治験を視野に入れた開発活動を進めてまいります。

【アキュルナについて】

事業概要     薬物送達システムを応用した医薬品などの研究開発
設立       2015 年 12 月
所在地      東京都文京区本郷 3-42-1 三友ビル 201
代表者      代表取締役服部 恵子
URL       https://www.accurna.com/

【本件に関する問い合わせ先】

アキュルナ株式会社
東京都文京区本郷 3-42-1 三友ビル
Email: info@accurna.com